「タベスケ」でできることみんなの「食べる」をつないで「助ける」

まだ食べられるものと、地域で暮らすあなたをつなぐ。あなたのお財布も、お店の店主も、地球環境も助けるサービスができました。

サービスについてタベスケは、食品ロスの削減、環境運動への参加、
お得な食品の購入を可能にするフードシェアリングサービスです。

サービスを通して知らなかったお店を発見する
気になっていたお店に行くきっかけにする
食品ロス削減へどれだけ貢献したのか確認する
など楽しみ方はさまざま。まずはどんなお店が出品しているか、気軽にのぞいてみてください。
食品を選んでオファーが成立した後は、引き取りに行ったお店で直接お支払い。
普段の買い物と変わらない感覚で使っていただけるサービスです。

食品ロスって何?

  • 食品ロスとは「まだ食べられるのに捨てられてしまう食品」の事です。日本では、年間600万トン以上の食品ロスが発生しています。

    詳しくはこちら

食品ロスって何?

食品ロスとは「まだ食べられるのに捨てられる食品」のことを言います。具体的には「賞味期限切れの食品」「作りすぎて余った料理」「形が崩れて規格外となってしまった食品」「普段の食事での食べ残し」が挙げられます。

食品ロスは、世界でも大きな社会問題となっており日本では年間に600万トン以上発生しています。また国民一人当たりの食品廃棄物量にいたっては、世界レベルでワースト6位、アジアではワースト1位です。この量は飢餓に苦しむ国への食糧援助量の約1.6倍にあたると言われています。

日本では、2019年10月1日に「食品ロスの削減の推進に関する法律」いわゆる「食品ロス削減推進法」が施行されました。この法律は国や地方自治体の食品ロスに対する基本方針の策定や施策の基本事項を定め、削減を推進する法律となります。

また食品関連事業者に向けては「食品リサイクル法」が2001年より施行されています。この法律は、食品の製造や加工時に発生する食品廃棄物や、売れ残りまたは食べ残しとなる食品の減量・発生抑制に努め、発生してしまったものについては飼料・肥料化するなどの取り組みを促すものとなります。

食品ロスは世界的に大きな社会問題となっていると同時に、私たちの身近な生活の中で発生しています。私たち一人ひとりが意識と関心を持って削減に取り組んでいくことで初めてこの大きな問題を解決へと導くことができます。

食品ロス問題解決のきっかけになるよう、この「タベスケ」を皆さんの生活の中で利用していただければと考えています。

閉じる

ユーザーメリット

簡単登録で出品状況を確認!
食品ロスを削減しながらお得に食品を購入できます。

  • スマホやパソコンから簡単登録

  • 気になる食品やお店を検索し、決まればオファーをタップするだけ

  • あなたの「お得」が地球環境を
    助けます

ユーザー登録・ログインはこちら 使い方はこちら

協力店メリット

簡単登録で食品を出品!
食品ロスを削減しながらお店の収益確保に繋げられます。

  • スマホやパソコンから簡単登録

  • 余った食品や料理を登録・出品

  • オファー成立後、現地にて
    お会計・引き渡し

協力店登録・ログインはこちら 使い方はこちら

サービス提供エリア

  • 兵庫県
    姫路市

2021年2月現在

Loading...